キチンと聞きたい!セキュリティの必要性

記事一覧
カテゴリ一覧

車の防犯対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
一家に一台車を持っているという家庭は非常に多いと思います。
それどころか、一人一台車を持っているという人も多いのではないでしょうか。
車の使用用途や持っている車の車種は人によって全く違うと思いますが、どんな目的であっても車とは非常に便利なものです。
車と一言に言っても色々な種類があります。
高級車から価格が安い車、更に目的に合わせた車など色々な種類があると思います。
やはり価値的には値段が高い車の方が価値が高いと言われていますが、どんな車であっても、その車の持ち主にとっては大事な持ち物であり、財産なのです。
だから、車にも防犯意識を持っておく事が必要です。
不慮の事故や車の寿命によって車が破損したり故障をしてしまったりする事はあっても、もし故意に誰かによって車を盗難されたり、壊されたり、車の中の物を盗られたりするのは防ぐ事が出来ます。
家や情報に関しては防犯意識を持っている人が多いと思いますが、車にもそれと同様に防犯意識やセキュリティ対策の必要があるのです。
どのような車にももちろん、その車にしか使えない鍵が付いています。
当然ながらその鍵を持っている人しかその車を動かす事は出来ないし、車内に入る事も出来ません。
だから、鍵だけで車のセキュリティ対策は十分と考える人も多いと思います。
しかし、車のセキュリティ対策は実はそれだけでは不十分なのです。
では、車のセキュリティ対策にはどのようなものがあるのでしょうか。
車のセキュリティはカーセキュリティと言われていますが、色々と種類があります。
全部で6つの種類に分ける事が出来ますが、ここで大まかに紹介していきます。
追跡タイプのセキュリティは、GPSなどの機能を使って、車がどこにあるかを追跡する事ができます。
始動停止タイプは、最も効果的と言われていますが、車が盗難されるとシステムの作動中はエンジンが始動できなくなるというものです。
威嚇タイプは、イタズラなどに効果的で、ステッカーや光の点滅などで相手を威嚇します。
固定器具タイプは、ハンドルやペダルなどを固定してしまうというものです。
警報タイプは、異常を検知すると、警報や光で周りに知らせます。
通報タイプは、車内に侵入などされた時に異常を検知すると携帯電話などにその事を通報してくれるというシステムです。
色々なタイプのセキュリティがありますが、どのシステムを使うか考えて、いくつかのセキュリティを併用するのも効果的だと思います。